カジ旅でプレイするならビデオスロットがおすすめ

カジ旅

カジ旅では、長年にわたってオンラインカジノのスロット人気ランキングの常連となっているものから、リリースされたばかりのものまで、たくさんのスロットが揃っています。

各ソフトウェアプロバイダが続々と新作をリリースするので、どれからプレイすれば良いのか迷ってしまって決められないという人もいるのではないでしょうか。

そこで、今回はカジ旅の人気スロットを一挙紹介!

ビデオスロット選びで困った時には、ぜひ参考にしてください。

カジ旅の定番人気スロット

1.【Star Burst(スターバースト)】

ネットエント社のスターバーストと言えば、ビデオスロットの定番で2013年にリリースされてからオンラインカジノの人気スロットランキングで名前を見ないことはないというほどファンの多いスロットです。

画面の構成は、最近のスロットに比べると非常にシンプル、フリースピンやボーナスゲームなどもなく演出も控えめですが、これが飽きずにプレイでき、長く愛される秘訣かもしれません。

通常のスロットと違い左からシンボルが揃った時だけでなく、右から揃った時にも配当を獲得することができ、ペイラインも10ラインなので比較的当たりが出やすいタイプのスロットと言えるでしょう。

2.【Moon Princess(ムーンプリンセス)】

日本の人気アニメ、美少女戦士をモチーフにしていると話題になったムーンプリンセスも、定番ビデオスロットの一つです。

ビデオスロットではありますがリールが回転するタイプではなく、シンボルが落下してくる落ちゲースタイルで、連鎖が始まった時の爆発力もあります。

また、LOVE、STAR、STORMと名前の付いたプリンセスのシンボルは、それぞれがガールズパワーと呼ばれる能力を持っており、リール上に現れてシンボルを組み替えてくれます。

・ガールズパワー

LOVE:1セットのシンボルを別のシンボルに変換
STAR:最高で2つのワイルドシンボルが出現
STORM:2セットの任意のシンボルを破壊

フリースピンモードもかなり魅力的で、フリースピンだけで約20万円の賞金を獲得したプレイヤーもいるそうなので、かなり期待できそうです。

3.【Vikings Go Berzerk(バイキングゴーバーザーク)】

ユグドラシル社のVikings GoシリーズはVikings go to Hell、Vikings Go Berzerk、Vikings Go Wildの3部作になっているビデオスロットです。

フリースピンには通常の条件クリアで突入するフリースピン、海賊の怒りメーターがマックスになると突入するバーサーカーフリースピン、海賊全員がバーサーク状態になった時に突入するラグナロフリースピンの3種類がありますが、フリースピン開始時にはボーナスを決定するスピンもあります。

ボーナスは下記の4種類です。

・STARTING WILD

フリースピン終了までランダムな位置にワイルドシンボルを貼り付けることができます。

・WILD REEL

フリースピン終了までランダムな縦一列にワイルドシンボルを貼り付けることができます。

・FREE SPIN+

フリースピンの初期ゲーム数を1~3ゲーム上乗せできます。

・EXTRA CHESTS

4リール目、5リール目の宝箱出現率を20上昇させることができます。

4.【WILD SWARM(ワイルド・スワーム)】

プッシュゲーミング社のワイルドスワームは5リール20ラインのビデオスロットで、高額配当が期待できるフィーチャーゲームが搭載されています。

スキャッターシンボルを3つ以上揃えれば、ネバネバワイルドフリースピンという無料ゲームフィーチャーが発動、フリースピン中だけリール上に出現するネバネバワイルドシンボルは、一度停止するとフリースピンゲーム終了まで画面上に残ります。

フィーチャーゲームの後半になるほど、高額配当が期待できるゲームです。

カジ旅のBlitzモード搭載スロット

1.【Vampires gone wild(ヴァンパイアズ・ゴーン・ワイルド)】

ヴァンパイアズ・ゴーン・ワイルドがプレイできるのはカジ旅とシンプルカジノだけ。

Shock社がリリースした限定のビデオスロットは、同じくカジ旅とシンプルカジノ限定でプレイできる「スロット彼女」に続くゲームとして期待されています。

カジ旅と言えばBlitzモード搭載のスロットですが、もちろんヴァンパイアズ・ゴーン・ワイルドもBlitzモード搭載で、最大5万倍の賞金獲得チャンスもあります。

モチーフとなっているのはヴァンパイアの住む屋敷、その雰囲気に合わせて流れてくるバッハのトッカータとフーガニ短調が、スリルを感じさせてくれ、スロットとしてだけでなくビデオゲームのような演出を楽しむことも可能です。

フリースピン中にワイルドシンボルで当たりを引けば他のシンボルもワイドに変わるので、大当たりも狙えます。

2.【Jack and the Beanstalk(ジャック・アンド・ザ・ビーンストーク)】

ネットエント社の5リール20ラインのビデオスロット「ジャック・アンド・ザ・ビーンストーク」は、日本でお馴染みの「ジャックと豆の木」がモチーフになっています。

宝箱のシンボルが3つ以上出現するとフリースピンが発動し10回のフリースピン獲得、フリースピン中に宝箱が3つ出ればフリースピンが5回追加されます。

ワイルドシンボルは2リール目から5リール目にランダムに出現、リール上に現れたワイルドシンボルは自動的に左側のリールに移動してリスピンが開始しまこれはワイルドシンボルがリール上から消えるまで継続、この間の賞金は通常の3倍になるというビッグチャンスです。

3.【Vikings(バイキングス)】

ネットエント社のバイキングスは2018年にリリースされたビデオスロットで、アメリカのテレビドラマシリーズがモチーフとして使われています。

通常モードでのリール数は5×3ですが、ボーナス時は7×5、配当ラインも通常時は243通りですがボーナス時には78125通りという桁違いの数になります。

ペイライン数が最大となるレイドスピンボーナスは、通常ゲーム時にレイドスピンシンボルがつ以上現れると発動、7回のレイドスピンボーナス中は配当ラインが最大の78125通りの状態が継続され、さらにシールドウォールフィーチャーで他のリールに出現したキャラクターと上手くマッチすれば、ビッグウィンも夢ではありません。

ドラマをモチーフにしたビデオスロットですが、もちろん基になっているドラマを知らなくても十分に楽しむことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました